FC2ブログ
複数の業者で口座開設











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっと読み終えた・・・「摩天楼の怪人」 

台風12号が接近していますが・・・8月も終わりですね~。
今年は節電モードな夏でしたが、去年よりは猛暑が少なかったように感じます。
(え?これから?)
台風が過ぎたら、ずっと涼しくなって欲しい・・・。

えー、7月末に買った、摩天楼の怪人 (創元推理文庫)をようやく読み終えました。
な、長かった~

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)摩天楼の怪人 (創元推理文庫)
(2009/05/30)
島田 荘司

商品詳細を見る

約700ページの大作。
舞台はアメリカ・ニューヨーク・マンハッタン。
コロンビア大学助教授の若き御手洗潔が挑む、摩天楼の壮大な謎。

島田さん得意の建築物トリック。
舞台がニューヨークなので、如何せん土地勘が掴めないのですが・・・。
読んでいく内に、オペラ座の怪人とオーバーラップさせます。

この人のは(特に長編は)トリックが複雑すぎて。
毎回推理せずに読んでます。(というか無理、推理。)
最後はちゃんと納得する解決をしてくれるのでスッキリします(笑)
読後感は爽やかです。
というか、石岡さんじゃなくて御手洗さんだからかな。
読み返すと・・・ホント、あちこちにヒントが散りばめられてて。
いつも、そこに感心します。

あ、この間、NHKで島田さんが原作のドラマやってましたよね。
あれも面白かったな~。

う~ん、次はどれを読もうかな。
[ 2011/08/30 21:30 ] 本・雑誌 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mitsukinonbiri.blog100.fc2.com/tb.php/538-3c2b3cba












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。